アーサービナード


写真は母の施設の事務所に飾ってあるクリスマスの置物!!

母と時計屋さんに行って待っている間にあたりは薄暗くなって来た。
時間がかかりそうなのでしかたなくお茶でも飲もうとはじめて一番近いサザンクロスへ。
甲東園に昔からある喫茶店だ。母と2人いつもどうりケーキセットを注文。
これがおいしい。何の変哲もないもケーキなのだが・・セットで600円。珈琲も安いそこらへんのもんではない。ケーキの名前はショコラズコット?だったと思う。こっとるーと母が感激しているので食べてみたらモカケーキなのだがチョコの味もしてクリームがひんやり冷たく中にプチプチがはいっている。ん?これの正体は?
そうこうしながら私の大好きなきれいな写真の載った高品質の雑誌「ミセス」に目が行った。
おもしろい詩が載っていた。アーサー・ビナードさん。
次のようだ。

人間の心の中には 埋め立て処分場がない。
ごみの焼却炉もなく、集積所すらない。
耐えられないほどいやなことがあっても捨てる場所がない。どこか遠い国へ捨てようものなら不法投棄として罰せられる。

いやなことがたまる一方だが落ち着いて点検してひとつひとつのことをひっくり返しくまなく触れば小さく出来ることがわかる。
折りたたみのいすと同じでその肝心な関節をみつけ、押すか引くか叩くかでで平たく収納しやすくなる。
秋の晴れた日心のクローゼットを整理してみよう〜〜

と言う内容である。

なるほどちょっとこれはブログにメモさせてもらわねばと思ったので書いてみた。母とのデートもたまにはいいかぁ!!

ボインセチア

(☆_☆)

久しぶりの朝寝坊をし家事を片付けいざコナミに・・・。しかしそういえば半年後とに市役所に手続きしなければならないことがあってそれに必要なメモ帳を探し出すのを忘れていたことに気づきお昼をはさんで3時ぐらいまでかかった。うれしかったのはそのメモがあったバッグに商品券や音楽関係のものが買える金券が入っていた。大事に使わないとなー・・。でもそう思うがあまり使えないで残しているのだ。

さて下の息子がサッカーの練習に車を使っていたので外出するとなると久々に母のところへ寄るため自転車ということになった。久しぶりーの自転車に空気がパンパンでないといやなので空気入れを使ってさあー・・というところに息子が帰ってきた。会社から仕事で呼び出されたらしい。
坂を上り下りする自転車よりやはり車がらくちん。早速母の元へ。
写真は相変わらず所長さんのセンスで素敵なポインセチアが玄関にあったのでパチリ。これは背の高い一本仕立てでとってもボリュームがあるでしょ!!名づけてボインセチアー楽しい

母は他の入所者の人たちと機嫌よくかわいいクリスマスツリーを廃材を駆使して作っていた。ファックスのしんのようなものに絵の具で緑色に塗りつなげてツリーの形にする。そして箸で固定し赤や色とりどりのリボンで飾り最後に良い音の鈴をつけなかなか凝っていた。楽しそうだったのでついお手伝いをしていたら母の部屋に行ったのが4時過ぎ。時計の電池を変えたりベルトを変えるのに駅前につきあわされコナミに行くのはまたお預けとなった。
まいっか。母の笑顔を見ているとこちらもほっとするもの。嬉しい


Go to top of page