ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


ありがとう!!

先々週Nちゃんに練習が出来ていないことを真剣に怒りました。
そしておかあさんにも・・・・。すると「なぜ練習しなければならないかがわからないみたいです」と言われ先生にそれはないでしょうとびっくりしもうそれ以上は何もいえなかったのです。導入にかなり苦労しやっと順調になってきた矢先だったのでショックもひとしおでした。
聞けば1日もしていなかったらしいのです。理由を聞けば公文をしてて出来なかったと。いつものことだとはもう我慢しきれずつい厳しくしかりました。これでだめならいたしかたないと・・・。でも後味は悪かったです。
先週は5週目でちょうど間をおくことになりました。
この2週間は気持ちが晴れなかったしお友達にも相談したり・・・。
さて2月今日はどうかな来るかな・・・そう思っていたら・・・。

けろっとして来ました。
それも毎日練習していたらしくとんとん拍子に進みます・・・。
やれば出来るということがわかり楽しくなったのでしょう。
練習しなければやめさせるとお母さんに言われやめないと頑張ったそう。
今日は手の形やリズムなど基本的なあまり面白くないことも含めきっちりこちらのお話を聞き入ってくれました。大事なところなんですよね。
それであまりに楽しいレッスンだったので終わりの最後の私の言葉は「ありがとう!楽しかった」です。
こんなことを繰り返しながら私はこれからもこの仕事によって生かされていくのでしょうね。

生徒達この週末2月9日のアゼリアホール外国のピアノや(スタインウエイ・ベーゼンドルファー)ヤマハの計3台試弾会リレーコンサートに10名ほど出演するので今週のレッスンは真剣そのもの・・・。

2月11日のグレンツェンJ君のママはビデオ撮影しながらレッスン内容をいつも見て反省してこられ純粋でとても楽しい方でいつもその曲のイメージを持たれお子さんとがんばっておられる。バスティンのカウボーイとロディオという曲の途中の音楽が少し緩むところがあるのですがそこでは牛をどう操るかを作戦会議をしてるところだそうです・・。ボクシングみたいですね。
これにはなるほどと思いました。
なんとかシンフォニーに行ってほしいと思います。

3月8日のピティナステップに出場する生徒もそれぞれがんばっていますが、目標を持つとこんなにも良いレッスンが出来るのねとびっくりする子もいます。
私だけの力ではなかなか伸びない生徒達、お家の方も大変です。
やはりご協力に感謝です。 
書いた人 keiko | comments(0) | - |




デュアル・タスク

左手でグーチョキパーをだしてください。そして右手でその手に勝たせるグーチョキパーをタイミングにあわせて出します。
二つのことを同時進行しながら一度に何かを成し遂げてゆく行動のことらしいです。芸術やパフォーマンスには欠かせない。

私はなかなかできないので時々生徒にやらせてみるのです。
一人いました。すぐに出来た生徒。お主やるなー。
ピアノもその能力が高いとかなり有利な感じだと思います。
常に右のメロディを聴きつつ左で伴奏をし止ることなく美しく奏でてゆく・・・。
そしてその空間を演出する空間プロデューサーのような仕事。
目には見えないけれどそこには音楽から聴衆のそれぞれのイメージが浮かび上がってきます。
脳を通常の倍以上動かさなくてはそしていろんな体の機能も使わなくてはならないのでとても大変なこと。

それゆえに長い時間の修行はしかたがないことだと思いますね。奥深く眠っている才能が目覚める時を待って努力することが人間にはとても大切なことなのだから。

2台のモーツァルトの連弾曲のプリモに右手の人差し指と中指 左手の中指と人差し指をひだりがわから右にタラタラと黒鍵白鍵の半音で同時に動かすところがあるのですが最初の数拍はできるのですがだんだんとずれてしまう。
ゆっくりなら出来ますが・・・。譜面上ではオクターブ違いの同じ音ですが・・・。

デュオ(連弾)は上のひとも下の人も一人で弾くのではないからそれほど難しくないと思われがちですが、それぞれにソロで弾くよりよっぽど難しいところがあり、かなりレベルが高く勉強になると思うのですがどうですか?
お勧めです。コンチェルトのようで迫力があり楽しいところがあるのでそこが救いなんですけど・・・。あーのだめのようにうまく弾けませーん。悲しい





書いた人 keiko | comments(0) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829 
<< February 2008 >>

Link

Profile

QRコード