ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


黒い森と白い森

ミルフィーユのメンバーで演奏する「黒い森と白い森」という曲は大自然をテーマにした音楽を作曲家寺島尚彦さんのエッセイと共に綴るものです。
今その練習録音を聴きながら書いています。
四季折々に作られていて今回は「春」を演奏します。

ピアノは連弾でオケのように演奏し黒子のように朗読の主役を協奏曲のソリストのように立てなければなりません。
オケピットに入るようにしながらも美しい情景の音楽はどうしてもここぞと演奏したくなる。抑えて朗読のほうに耳をすますことがやっと少しできるようになりました。よっ!!名わき役!!

朗読の方やこのすばらしい作品にであったことは私たちにとって宝です。
聴き終えてなんとさわやかな印象なのでしょう。清涼飲料水を体に流し込んだような不思議な感覚です。
所々に出てくる場面の美しい写真も用意しました。
作曲家なのに噺家のようにお話がおもしろいのも特徴です。たぶん初演ではないかと思いますが・・・。前回は「秋」を演奏しましたよ。
「春」は柔らかい日差しに包まれて今の時期の海や山などは本当にこんな感じだよねといいたいぐらい音楽がはまっています。ちょっとクラシックとは違う感覚かしら。

タイトルの黒い森と白い森はピアノの鍵盤のことであり冬や秋は雪を頂く山は白い森 春や夏は雪解けして黒い森に・・・。
そのテーマは黒い森は黒鍵で音が構成され白い森は同じテーマを白鍵で構成されています。実際に聴いただけではわからないけれど楽譜を見る私たちはそのナイスインスピレーションに感動しました。
24・5分の少々短い演目ですが心の中に優しい光がさすことは間違いないです。よかったら足をお運びくださいね。靴
4月26日(土)宝塚あいあいパーク4時からです。無料。

そうそう朝の元気タイムに少し庭の草抜きをしています。
2日続けてね・・。一度にやろうとするから大変なんだと気付きました。
明日は夏のお花の苗をお庭に植えますね。
また雨模様ですが・・・。雨
書いた人 keiko | comments(0) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2008 >>

Link

Profile

QRコード