ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


合格体験記

今日は今年同志社女子大学音楽療法学科に見事合格した、Nちゃんのママがレッスンに来ました。彼女の新1回生の様子を聞いてつい大笑いしてしまいました。
ショパンのエチュードを(彼女にとってはレベルの高いピアノの曲)いきなり宿題に出されてあせっているとメールが来てちょっとびっくりしましたと話したら、クラスの中で選ばれて合格体験記を書かされたと言うのです。
彼女は推薦で不合格で本試験で合格しようと去年暮れに冬期講習に行き受験の傾向と対策を受講してきました。
そのときの問題集を1月の初レッスンで持ってきて私は目を見張りました。
もっと早く持ってこないと!!
あまりにも音大専門受験のそのもの(後から卒業した人に聞いてみると関西でも難しいと有名な大学だそうで)同じ聴音・ソルフェージュの難問題が出されていたからです。チンプンカンプンであったという彼女。そりゃあそうですよね。普通は2年ぐらいみっちり音大受験の場合はやります。

私は甘く見ていました。・ピアノがそれほど難しい課題ではなかったので・・・。
もう少しゆるやかな問題が出ると・・高校の先生に聴音とソルフェージュはレッスン受けていたと聞いていたので任せていました。本人ものんびりだったしなぁ。
でも高3になって受けると聞いていたのに新しくできた学科で調べもしなかったことは私の責任で今頃口が裂けても無理だとはいえませんでした。ごめんなさいね。
さあそれから集中ソルフェージュと聴音レッスンを1日おきに通わせること一ヶ月。寒さと戦いながら少し離れた私の家に通い続け必死でやりぐんぐん伸びてきました。そして当日が来て・・・。
結果は滑り止めの武庫川女子に合格し第一志望の同志社女子にも見事合格しました。音楽高校から受験した人もたくさんいたそうでそのなかでよくうかったと思いました。本当に驚きました。
塾にも行かず他の学科もまたピアノの練習もよくがんばりました。本人の目的意識の強さですね。

とても音楽が好きで西宮少年合唱団で長年鍛えた耳があったからこその結果でもあります。
何事もあきらめず挑戦すること。
私は教師として最近逆に生徒たちに教わることのほうが多いかもしれません。

というわけでNちゃんが選ばれて合格したわけを受験奮闘記として書かされるはめになったのではないかとママはいっていたのですが、それはたまたま偶然かなと私は思いますが・・。
朝からわははと大口を開けて笑ってしまったけれどついていけるかなーと本当は心配な私なのでした。冷や汗
アルバイトもほどほどにしっかり勉強して欲しいですー。楽しい


書いた人 keiko | comments(0) | - |




牡丹


下のピンボケの写真の口直しと言うことで見てください。
近所の公民館のお庭で咲いていたものです。
純白というのはやはり美しいですね!!
書いた人 keiko | comments(0) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2009 >>

Link

Profile

QRコード