ジュニアピアノコンサート2011

今日小3のAちゃんがブルグミュラーステージに出場しました。
ちょうど一週間前高熱でダウンしていたとか。この暑さで確かに夏風邪が流行り心配はしていましたが、やはりそうでした。
今週のレッスンでもう一度立て直し、なんとか無事出演することができ努力賞を頂きました。
新響楽器のブルグミュラーコンサートはレベルが高いので賞に入るには難しいと思っていましたがソナタやナチネやジュニアステージのほうに出るとダブって出ることができずコンクール荒らしができなくなり偏ったメンバーのものにならないので参加しやすくなりました。
でもそれを一曲目指して一生懸命するので同じことかもしれませんが・・・。
3・4年の課題のポイント
・進歩  指くぐりのところはなめらかに
     アクセントは強いのではなく大切に扱うタッチで。
・セキレイ 休符の感じ方が大切。
      空間の和声をよく聴いて感じ取る。
・別れ  アジタートはただ急ぐのではなくせきこんでたたみこむように
     前奏と主題は同じテンポ
     中間部はメゾフォルテぐらいでよい。右と左のバランスをとる
     音楽は流れを止めないことが大事。

以上は審査員の講評です。

男の子でとても感情豊かに「別れ」を演奏している生徒さんがいました。
テクニックはいまいちですが心に響きました。

ステージに小さな音の絵を描いてゆくわけです。
夏休みに親子で取り組むとてもいい行事の一つだと思います。
そのキャンパスのわくがはっきりとできている子供が入賞します・・。陰影やくっきりとした線。ペダルを使うとさらにその色は多彩で奥深くなります。そこまで成長させるには日頃のレッスンですね。
アドバイスをすっと聴き入れ音で返せるようになってきたAちゃんお母さんにもその賞を分けてあげてね。!(^^)!

氷小豆抹茶アイス



お友達のYちゃんは沖縄出身で、とてもおいしい御ぜんざいを作ってきてくれました。金時豆を煮て黒砂糖で味をつけ麦をいれておもちも入ります。
私はこれが大好きでリクエストしました。
もう一人のMちゃんは家でできるかき氷の器具を持って来てくれました。
出来上がったのが写真のようなデザート。
美味しくて夏の楽しみ方はこういうのもありだなあと思いました。
食べすぎたので明日の体重計測が恐ろしい。
夜ごはんは控えました。

それから私がパソコンを始めたころに飼っていた鈴虫はMちゃんがくれたもの。・・・。
以前私のハンドルネームはリン子といいましたがリンリンとなく彼らの音色からきたものです。
実はまた今年くれました。この独特の涼やかな美しい音色は風鈴などよりうんと冷感を感じます。大事にしなくっちゃ。(=^・^=)

タコ焼きパーティー



音楽を通じて多くの友達がいますが20年前にリトミックを習いに行ってできた仲間とはその後もとても仲よくしています。
中身に入れるのはタコ以外の具をいろいろ試しました。
キムチ・納豆・梅干し・ほたて、さけ・チョコ・チーズ・ウインナー・等々
豚肉、・・義母も参加で結構多すぎたかなと思うほどのたこ焼きは完売。
おしゃべりしながら4人であっという間に食べてしまいました。
美味しかったのキムチとチーズと梅干し・・・。
お友達に家に来てもらうと話好きの義母がとてもうれしそうです。
デーサービスとかは行ったことはないけれど女同志の年代の違うそうとのおしゃべりは絶対に刺激になりますね。

その後施設の母のところに以前撮影したハルのビデオを見せに行きました。
この暑い夏に案外娘の私達より安定した体調のようです。よかったです。(*^^)v

Go to top of page