ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


「ちょっとピアノ本気でピアノ」

台風一過!
午前中、明日の池田さんのコンサートの合同練習のため朝からピアノに向かい、午後美容室へ・・・。ところがいつも行くお目当てのところは混んでいてとてもレッスンの時間に間にあいそうもありません。誰しも台風の後には出かけたくなるもの。髪などさっぱりしたくなるのです。
あきらめて家に帰り2時間ぐらいじっくりAKKOさんに借りた辻井伸行君の先生の川上昌裕さんがブログに書かれていることをまとめた一冊の本を読みました。
題名は「ちょっとピアノ本気でピアノ」

引用・・芸術や精神世界に関することは一見人間がただ生きていくためにはそれほど必要なことではないように見えるかもしれない。
文化水準の低い国では心を育てる仕事に関心が向かない。

私は日本に生まれ文化水準は高いので頭と指の総動員をして心をこめて演奏しなければならないピアノを友達にできる今の子供たちはどれほど幸せなことかとおもいます。

引用・・小さな子供に必要なことは繊細な感性と確かな技術。そして「克己心」。ピアノを習うことのすばらしいところは継続しなければ得られない価値があること。そして向上に伴う喜びが大きい。
・・・・
音楽を将来仕事として成り立たせるには目的を持ち自分への課題意識を常にもちそのような環境を常に自分で作ること。少しづつ才能や努力を発揮する場は見えてきます。


最近教室では生徒たちが忙しく反抗期の年代の子などはやりにくく悩むときがありますが、そのことが原因でむやみに怒ってやめさせたくはありません。何事も並行して脳を刺激し少しでもピアノを長く続けさせたい。
こんな時こそこちらがおちついて自信を持ってピアノを教える姿勢を持つことが大切なことなのです。私は今日のレッスンでこの本からいろんな力をもらって役に立ちました。
川上先生ありがとうございました。( ^^) _旦~~

書いた人 keiko | comments(0) | - |




「山河」

先日同窓会でのライブの曲を「悲しくてやりきれない」と「竹田の子守唄」を選んで情報を送ってくれたH君。ギターを始めたきっかけとなったこの曲に決まりそうです。加藤さんの演奏をユーチューブで聴いたときジーンとして音楽っていいわと改めて思いました。日本人でよかった。
今日台風の合間にお買い物に行った時ついでに玄関に飾るお花を買ってきました。花屋さんの店先には秋らしい花がいっぱい・・・。義母に聞くとその花の名前は吾亦紅(われもこう)・・・。
それをインターネットで調べると曲が出てきました。
そのユーチューブに五木ひろし「山河」という曲があり始めは小椋けいが歌っているのを聴きましたが断トツでオーケストラをバックに歌っている五木ひろしがすばらしいのです。感動します。堀内孝雄はいい曲を作りましたね。
今日本は大変な目にあっています。危機的状況です。
自然災害の猛威に襲われ・・・雨
でもこの歌を聴いてどうか元気を出してほしい。切実に勇気がでます。
紅白のトリで歌った五木さん・・・このような状況になるとは思ってなかっったでしょうがこの歌は確かに勇気をくれます。拍手
書いた人 keiko | comments(1) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2011 >>

Link

Profile

QRコード