針仕事

歯医者さんのあと母が明日誕生会に来られるようスラックスを買ったのだが丈が長いので久しぶりの針仕事をした。さて明日それを佩いてくれるだろうか・・・。
施設に行くと相変わらずのどきどきの訴えも忘れて明日の衣装の相談会。
時計が電池の交換時期らしくその後甲東園のメガネ店へ。
そういえば以前交換してから2年ほど経っているだろうか。
母は私に遠慮なく甘えられるので幸せ。実の関係だからだ。
義母は凛としていて痛みやだるさもなかなかぶつけられないでいる。
本当に耐えているし尊敬するが、実は私もそうならないといけないと思っている。息子の嫁には甘えにくいのだ。
毎日悔いなく生きて十分幸せでいれば老いの痛みや大変さに愚痴の一つもこぼせなくなるのではないかと思う。

今日の女の気持という投稿欄で今は30の息子が中学の時にいじめられていたことを知らずにいた母が書いていたことの中に・・。
いじめられていたが毎日勉強とクラブに没頭し自分を別の高みに連れていこうと努力したと息子が語っていたことに私は感動する。
何かが起こってもそれを自分の試練と考え没頭できる何かを見つけられることこそそこに生きる価値があるのだ。
立派なその考え方は両親から受け継がれたもの。
苦労なくして人生は進んでは行かない。

ここでザックジャパンの勝利を賛辞したいのはすべて知り尽くされた監督を敵にもち新メンバーとのチームワークを作らねばならないうえに香川が欠場。
大事な試合であった。
厳しい試合に勝ってよかった。ザックジャパンおめでとう!!

感動のレッスン

幼稚園児のMちゃんが今日もやってきた。
この子のレッスンで感動するのは一度のアドバイスですぐに私の欲しい音で表現ができるということ。何度も注意しなくてもスッと理解しそれをやってのける才能がある。まず素直であるということ。必ずレッスンで指示したことはクリアーしてくる。次はどうしたらこの子が素敵に演奏できるかということばかり考えさせられる。私を教師として困らせるのだ。もっと成長しなければ・・・っと思わせてくれる。ふつうは反対のこと。
演奏で私に問いかけてくるのだ。お母さんの愛情のこもった子育てが家で展開されていると思う。であわせてくれたピアノの神様に感謝。(トイレの神様もいるのだからきっといると思う。)
火曜日は熱心な生徒たちのおかげでぐったり。
3年生T君は私の言っていることがようやくわかってきてくれた。
「心を込めて弾くこと」一生懸命覚えて弾いてきたのでその音を自分自身が聴くことができ余裕のある表現ができタッチも強くなって演奏が立体的になる。
今日は午前中車で出かけ車窓に広がるコスモスに秋を感じた。
余計に季節の移ろいにレッスンでも心が涼しげになった。(*^^)v

Go to top of page