夢がかなった・・・。

ハルが生まれる前贅沢にも女の子だたったらという夢を描いていた。
母親にとって男の子は必ず一人いてほしいのだが、これまた女の子はもっとほしい存在である。男の子は小さな恋人であり、女の子は自分のマスコットのようである。
うちは男の子が二人で飼っていた犬も今飼っている2階のデュランも男の子だし、しゃれっ気のない家であった。
だから実際に性別がわかってもあまり実感がわかないが、あと1カ月と少し本当に楽しみなことである。お腹でよく動いていると言うのでおそらく元気な活発な女の子が生まれてきそうな気がする。
本当に夢のような出来事である。赤ちゃんラブ
我が教室に通う女の子・・どの子もほんとに可愛い子たちばかりだが、その中でも長きにわたる反抗期中学生のAちゃんにレッスン時その話をしたらニコッと笑ってくれた。小さい子が好きでハルのことをだっこしてくれたことがある。

Aちゃんのこと・・・合唱コンクールの伴奏者に決まった。忙しくて練習時間がとれないため最近の中学1年生にしては難しいその楽譜はオーディションに合格は到底無理だと思っていた。ところが合格。やはり一番肝心なのはやる気だ。
これで弾みがついてピアノは練習さえすればできるのだと実感してくれただろう。やれやれ・・・。今年音楽会でピアノ伴奏者を志願してくれる子がいないようだったので寂しかったが、これで少し楽しみが増えた。
待っていた甲斐があった。(*^^)v

Go to top of page