ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


百年の家

ひゃくねんのいえ
昨日ミルフィーユの日というように決められた日の11月23日今年も絵本朗読とピアノの会を清荒神の恵み教会でするための練習をした。
この「百年の家」はヨーロッパの絵画のような絵本である。
農家の家族たちの戦争をくぐりぬけたくましく生きる姿を家の視点から描かれて人間の身に起こる災いや悲しみを静かに描きあげている。
石造りで百年以上たつ家・・・。
それぞれのメンバーがバロック音楽で綴ります。私はバッハの「パルティータ1番」
清荒神恵み教会で23日10時から行います。どなたでも出席可。

書いた人 keiko | comments(3) | - |




珈琲ベルグ

berugu

音楽大学でクラシックの勉強をしていたころピアノの練習は課題を仕上げるための仕事のようなものだった。好きだと感じたのは卒業するころである。
出会いはこれからもあるだろう・・・。しかし人生の種は生まれた時にいやその前にまかれているのだがその花を咲かせる出会いは自分でつかみとっていくものだ。人・・場所・・音楽の私を彩る運命の糸は出会いを生み人生のステージを月の綺麗な晩のコスモスを見た瞬間その幻想的な美しさにまるでそこにたどり着くために私はいたのだと想わせる。
その日その日を頑張るというより精神レベルの基準を少し筒あげ余裕のある自分でいなければならないなあ・・・。
昨日は変えられないけれど明日は・・・未来は努力しだいで変えられるのだから。
書いた人 keiko | comments(1) | - |




親子レッスンのすすめ

初めての試みをしている。パパと5歳女の子の組合せだ。
どちらも初心者だが良き協力者となりライバルとなると思う。パパは子供に帰り子供はパパとともに学んでゆく楽しさを知る。
ギロックのオールザウエイやピアノランドそして幼児から音感教育・・・というCDつき楽譜を使っている。
今日は2回目だが右手左手の区別から指のウオームアップやドの位置。黒二つから音の高低。リズム打ちのカノンをした。
次回はこぎつねこんこんこんをパパにひいてもらい3人で6手連弾に挑戦する。
いずれパパはそれなりの曲に変更してゆくがこんなに親子レッスンが楽しいとは思わなかった。
音楽のレッスンは大人の脳を若返らせる。その影響で子供もとても理解が早くなる。相乗効果が期待できるのだ。
なんといってもパパがとても楽しそうなのがいい。
これからどのようにレッスンが展開してゆくかとても楽しみなことだ。(^_-)-☆
書いた人 keiko | comments(0) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2012 >>

Link

Profile

QRコード