ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


見えないものに立ち向かう力

テレビやビデオ漬けにそして携帯のゲームやネット中毒になりかねないこの世の中。私達は想像力を欠く生活をしていないだろうか?
「ブエノスアイレスの春」の連弾をKさんとしていた。この曲は去年は「冬」を今回は「春」を演奏する。
彼女はリトミックの勉強で知り合い偶然ピアソラ好きと知っていずれはどこかで一緒にやりたいねと話していたが海外赴任され途絶えていたのだった。
本帰国され待ってましたとばかり私は彼女にお願いした。
ピアソラ・・・なんと魅力のある曲だろう。
どんなに難しくても楽しくて仕方がない。彼女とは意見が一致することがある。それは見えないものを追いかける音楽のすばらしさだ。
美しく強い音楽の力は子供たちを心も体もメンテナンスしてゆくだろうということ。点数やお金では測れないそこにはしっかりと整備された人間の基礎力がでんとかまえているから。
書いた人 keiko | comments(0) | - |




ドレミの歌

ドレミの歌

この楽譜はヤマハの見開き2ぺージの楽譜で大きなオタマジャクシのサイズなので見やすく一見セコンドをせんせい、プリモを生徒ということで簡単そうに見えるが結構レベルの高い編曲となっている。
サウンド・オブ・ミュージックを我が生徒たちでこの本の全曲(お母さんや少しW組のお手伝いはあるが、)するというのは夢のような話だ。
ドレミの歌について調べてみると原曲の意味に興味がわいた。
Doe, a deer, a female deer Ray, a drop of golden sun Me, a name I call myself Far, a long long way to run Sew, a needle pulling thread La, a note to follow sew Tea, I drink with jam and bread That will bring us back to do.
ドはディアー メスの鹿 レ(レイ)は雫 光り輝く太陽の ミーは名前 自分を呼ぶ名前 ファーはずっと遠く ソーは針と糸 ラはソーの次 ティー(シ)は紅茶のお供にジャムとパン さあドに戻りましょう

私は英語で歌えるが意味は知らずにいた。日本と外国の違いに初めて気がついた・・・。クリスマスなのにドレミの歌で幕を閉じようかと思っている。
プログラムリンクしますので見てね。(^_-)-☆
書いた人 keiko | comments(0) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2012 >>

Link

Profile

QRコード