アフタヌーンコンサート

9月28日山本のアイアイパークでアフタヌーンコンサートに出演しピアノデュオミルフィーユは20世紀の作曲家達と題して演奏させていただきました。
麗しのロスマリン、愛の喜び(クライスラー)天使のミロンガ(ピアソラ)サマータイム、アイガットリズム(ガーシュイン)
年に2回出演がもう10年ほど続いている。
2階のライブラリーには15・6人のお客さま方が熱心に耳を傾けてくださっていた。
練習は大変とはいえお客さんとのある意味での対話が私達に力をくださってるという事を今回は特に痛感した。続けてゆけば聴衆を育てることになり私達のさらなる成長につながる。この会に仲間に感謝だと思う。
弾き語りオカリナ三味線などいくつもの楽器を通じて日本の民話などを歌われた女性が前半のプログラムで、一人でされているのだが伝えようという心がすごい・・これが音楽なのだと思えた。交通事故で車いすの生活の中でこのような活動をすること・・・音楽へのパッションは相当なもの。
小学校などでの活動もされていて素晴らしいと思う。
そんな思いですがすがしい秋晴れの中休憩もそこそこに同窓会ライブの練習に大阪に向かった。

Go to top of page