京都散策

「4月3日に行きましょうねお花見」とライトさんとよーたんと約束していた。
3人寄れば文殊の知恵。まず十三で乗り換えのはずがライトとのおしゃべりに夢中で梅田へスルー。なんとか十三でよーたんと落ち合って嵐山へ。
桂で乗り換え嵐山へ。目指すは天竜寺の枝垂れ桜。お庭散策のほうへ進んだ。
嵐山を一望できるスポットがありそこから見ることができる枝垂れ桜は圧巻だった。他にも山ツツジなど数々の植物が咲き乱れていて眺める景観は京都の中心街とはまた違った広々とした雰囲気だった。次なる目的地は京都文化博物館 印象派絵画展「光の賛歌」。その前に桜ソフトで糖分補給。嵐山の川べりでタコ焼きと持ち寄ったおかずなどで一服・・・。もうとっくにお昼を過ぎていた。
阪急で烏丸四条まで行き地下鉄に乗り換え一駅烏丸御池まで乗る。
すばらしくため息の出るような印象派の絵の数々。有名なルノワールのダンスの絵のモデルの女性のマリー・クレモンティーヌはユトリロのお母さんだとかいう説明文を読んだりしていたらあっという間に2時間ぐらいたってしまい次なる目的地醍醐寺へ。
烏丸御池から地下鉄で「醍醐」まで乗る。醍醐寺までは駅前にバスが出ていた。
到着が4時頃だったので3つあるスポットのうち三宝院を選んだ。特に素晴らしかったのは裏庭の枝垂れ桜だ。その場所の名前を覚えていない。どうしても思い出せないくて歯がゆい思いだ。
しばらく歩きまわってついに桜のライトアップ時刻になりその幻想的なイメージはピンクの桜と暮れなずむ空の色とが不思議なハーモニーをかもしだしていた。
桜の花見の強行軍で最後はビールと茶団子で乾杯!!
帰りは下りで醍醐駅まで歩き家に帰りついたのはちょうど家を出て12時間後。
よく歩いたが次の日足も痛いということもなくバス旅行にはない乗り換えなどの頭の体操が良い緊張感をかもし出し頭痛薬イブクイックの効果にも感謝してこの2・3日を無事乗りきっている。付き合ってくれた二人に感謝です。
報告が遅くなりごめんね!
しかし今日の寒さはいったいどうしたことだろう!最近の気候の超異変に頭痛の一つも出るはずだわ。
しだれざくらだいごじ

Go to top of page