白寿会

私が自分の子供のころ住んでいた町にこの年齢になってまたかかわることができるとは幸せなこと・・・。
白寿とは99歳のことなのだがそれよりは20歳ぐらい若い集まりの会に我がセカンドブルームが呼ばれ昨日は園田の方に集結した。

2回目だが人数もコンパクトで小さな会館には程よい雰囲気だった。
私たちの前はマジックショー・・・。銀河鉄道333のようなきらきらとした衣装を着た高齢の女性マジシャン。たくさんのマジックグッズが並んでいた。
しばし心をわくわくさせたりどきどきしたり楽しむことに年齢を重ねるごとに熱心にならなければならない。
そんな努力の一つ一つが次への長生きの秘訣である。
前回より私たちも緊張せず楽しく演奏できたような気がする。皆さんの笑顔をたくさん見ることが出き幸せだった。お客さんの聴き上手に助けられそこにはお互いの受けとめ合える空気ができていた。
初めてアンコールという声がかかったのはとてもうれしいことだった。
帰ってから安田祥子さんの歌の人生がBSでしていた。童謡や唱歌の詩の美しさを心を込めて歌っていらっしゃる姿があった。
なんて日本の歌って詩が綺麗なんだろう。童謡の歌詞にも情景が思いうかべられる美しい歌が本当にたくさんある。童謡 唱歌・・・侮れない。

Go to top of page