エリーゼのために

ピアノの学習者の憧れの的「エリーゼのために」はやはり今でも人気が高い。
もう一人のYちゃんは3年生になり少し難しいのではと心配な中今日の演奏はなかなかよかった。生徒は緩やかな曲線を描いて成長してゆくのではなく突然力が急激についたことを実感することがある。ようやくピアノが楽しくなってきたということか。とても大事なところに差し掛かっている。
今の時期ピアノを弾くことで新しい生活からのストレスも軽減できたらなあと思う。心に水を与えて無意識のうちに自分を成長させていくすばらしいピアノ。
こつこつやるしかないピアノ。
自分に向き合える大切な時間だ。
今日は5週目だがお別れ会で休んだ振り替えレッスンをした。彼女もあまりしゃべらないがそんな子にこそピアノを友達としてほしい。
先週中学生1年になったH君には結構はっぱをかけたせいか初心者ながら今日はよく練習をしてきた。クラブは柔道部所属を決めたという。
「君をのせて」は初心者用でもリズムが難しい。両手の膝うちを何度も何度もやってみた。出来た時の二人の達成感!!二人でガッツポーズ!!
彼も成長の兆しがいきなり来たようだ。明るく眩しい一日・・・そういえばもう明日から5月なのですね。

Go to top of page