月命日

昨日は26日は母が亡くなってちょうど1カ月になる月命日だ。
母がお世話になった診療所の院長先生のもとにあいさつに行った。
先生は施設へいつも往診していただき優しく接してくださっていた。危険な状態で緊急入院させて下ったことが何度もある。今回も病院への手はずを素早く整えてくださり最後まで出来るだけのことをしてくださった。
10年近くも施設で温和に暮らせたのは先生のおかげだ。少しお薬の飲みすぎではないかと思えたが、私は先生にすがるしかなかった。
すぐに帰ってお坊さんを迎えた。
光明寺の奥様が読経してくださった。とても良い感じの方だ。私の部屋のグランドピアノを見てご自分も若いころ幼児の音楽教室で働いていたという。
今は仏教婦人会のコーラスの伴奏をしていらっしゃる。
「地球をまもろう!リレーコンサート」に聴きにきてくださるということになった。チラシも配ってくださる。
母のおかげで新しい縁が生まれ是非次回はそのコーラスグループの参加をお勧めしたいと思った。不思議な縁・・・母のおかげだ。
母の49日は9月7日に光明寺で行うことになっている。

ジュニアピアノコンサート2014最優秀賞

先ほど新響楽器のスタッフの方がわざわざ届けてくれたトロフィーと賞状を嬉しいので見てください。
私のピアノ教室でも最優秀受賞は初めてのこと。
岡村まゆちゃんおめでとう!!
先に見ちゃいました。次のレッスンは9月ですね。この結果はやはり練習量に比例するもので前前日のレッスンではぜんぜん弾けていなかったがその時のレッスンビデオで注意することをお母さんがノートに書かせて本人が理解して臨んだ結果だったという。日頃から普通の生徒の1、5倍の教材を持っている。リュックにぎっしりつめる2年生。どの学年も我が生徒たちは1時間レッスンのため教材が多いようだ。ほとんど1週間で新しい曲は読み切ってくる。私の意見を即座に取り入れて音に変えることができる。妹の5歳Mちゃんもギロックの「漂う雲」で手の交差でばたつく両手の音の響きを注意したら即返信。
ただソフトクリームのようにマシュマロのようにと言っただけなのにふんわりと弾いてくれた。その瞬間意味が通じたことが私の心を躍らせる。
絵本の世界だなあ。やはりギロックはファンタジー・・・。
ピアノ教師として冥利に尽きる瞬間だ。ありがとうと心から感謝したくなる。
torofi-syoujyou

デュアルタスク

現在二つのことで私の頭は進行している。母の施設の部屋を片付け仏壇移動の後地球コンサートチラシ制作とギロックパーティとフェスティバルの最後の準備強化体制だった。
ギロックは「おもてなし」4年一度のオリンピックみたいなものでお部屋(ピアノのあるなでしこホール)を借りて食事つきパーティもする。ちょうどお隣がレストランなのでそこからのケータリングである(とてもおいししい高級レストラン)。カナダから安田会長が来られるし、多くの会員が遠くから足を運んでくださり演奏も交えながらて是非楽しんで帰ってもらいたかった。
西宮支部代表とは名ばかりだが西宮でやるからには動かなければならないことがたくさんあった。

母のことで少し私が動けずミルフィーユ地球コンサートは今年は多くの方に来てもらいたいからチラシを2000枚ほど外注することにした。・・。これがたいへんだった。安いのでこちらでほとんど仕上げなければならない。なんとか出来てほっ!
また今年私はみやたんという西宮観光キャラクターグッズをお借りし着ぐるみで出演することになった。その申請など西宮市文化振興課への書類作成そして郵送など手間がかかり、マイ事務局は大忙し。ややこしいことには苦手な私だ。でも絶対にやらなければならなかった。
すべてを同時にやりレッスンが手を抜けないので夏の暑さを感じる暇がなかったような気がする。
しかし意外に出来るものだなあと自分を見直している。
自分がどこまで出来るか限界を知るためにやっているようなもので・・・。結局は自分的にエゴなのだ。でも逆に働くというのははたをらくにすることなのだそうだ。
私は常に皆の笑顔が見たい気がするし、音楽で力になれることがあったら・・・と常に思っている。だれかの質問・・
「二つ同時にやっていてこんがらがることはありませんか?」
「はい、良くあります 困りますーー(>_<)」
たぶん来年の夏は南の島でカメハメハ・・・。

Go to top of page