幸せ家族

家を建て家族を養うということはとても大変なことだ。
息子は曲がりなりにもそれを実現した。自分の生きる道を模索し続けていた長男がようやく人並みの人生を歩み始めたことに私は嬉しさがこみ上げてくる。幸せそうでうらやましいぐらいだ。
私は母として自分の子育てに自信がないころもあった。しかし今や私を気遣い支えてくれる息子家族に感謝する日々だ。特に孫たちの存在は格別のもの。
お彼岸には早いのだが、今日ようやく息子も休みであくる日予定がなく子育ての忙しさと保育関係の役員の仕事のあいまに家族そろって泊まりにきてくれたので早い目のお墓参りに行くことにした。
実は父にたくさんの頼みたいことがあったから・・・。
雨が降りそうだったがどういうわけか無事お墓参りの間だけ降らずに帰りに降りだしてきた。父が私のノーテンキな願いを受け入れてくれたような気がした。
その後新しい家のいろいろな雑貨を買いに西宮のニトリと無印良品をはしごしてつきあった。大きなものを運べる車の役割は大きい。
尼のくら寿司に予約をいれておいたので7時過ぎには夕食にありつけた。その後新しい家のお風呂にはるとあやちゃんと入りほっこりして帰った。
久しぶりの家族の多い団らんに義母も大喜び。
疲れたなどと愚痴も言わない。嫁の麻美ちゃんも少し余裕ができた。本当によくがんばってきたと思う。下のあやちゃんがそれだけしっかりしてきたことは事実だ。あともう一息で赤ちゃんを卒業。
本当に久しぶりの休日だったなあ・・・。(^_-)-☆
ohakamairi

Go to top of page