発表会直前レッスン

追い詰められている生徒たちは食い付きが良い。
短所や弱点があからさまに見えてその部分さえ克服すれば最高の演奏ができるというところまでこぎつけている。
昨日のリハーサルで失敗して大泣きした小6のNちゃん。
ギロックの雨のふんすいに挑戦させていた。センスの良い子なので少し無理をさせたが精神的に弱いところがありその性格を直すためにママはピアノを辞めさせたくなかったらしい。他の教室から変わってきたからまずはピアノを好きになってもらいたかった。今日のレッスンは最高に良いレッスンができたと思う。
ポイントを真剣にやればきっと立ち直って良い演奏ができる。
何よりも素晴らしいのは次の曲は「雪の日のそりのベル」に決めたこと。
失敗は成功のもと。
私もこのようにして大きくなってきたのだ。
最近まで選曲が難しかったのかと責任を感じることもあった。でもやはり子ども達は私の心配をよそにかなり上達してきていた。
やはり発表会なら少し冒険しても良いのではないか。
必ずといっていいほど以前とは違った実力を備えた自分自身に出会えるのだから。そのための発表会と割り切ろう!!

Go to top of page