もうメロメロ

今日は朝から気分がよかった。
庭の草がずいぶん成長し少し雨が降りかけていたがストレス解消にもなる庭の草抜きを決行した。夏の花も植えた。午前中からすっきりした気分でスタートすると一日がスムーズに進む。
先先日は還暦同窓会の案内状を送ることで半日使い昨日は高校PTAのママ友との会食。その前まではミルフィーユ結成15周年コンサートのチラシやチケット作りに奔走していた。
昨日少しコナミで体を動かしてはきたものの運動不足だった。
精神的な心のおそうじは庭仕事でずいぶんと解消できる。
梅雨明け前の静けさ・・・まだ今日は涼しかった。
4時から気合の入ったレッスンが始まった。
4歳になって始めたばかりのWちゃん。鉄砲玉に乗ったうさぎのように部屋に飛び込んできた。もうそれだけで何もしなくても可愛い。
右手と左手の音符の認識と二分音符と四分音符の認識。
ピアノの黒鍵の認識。指番号の認識。リズムに合わせ歌を歌ったりハンドサインで反応したり。楽しそうだった。
次にハルカス病(馬耳東風)のS君3年生。素直なところは認めるがいまいち本気度が足らない。なめたらあかん〜♪のCMがあったなあそういえば・・・。私は妖怪度5ぐらいに引き上げられた。
そしてM・M姉妹。
あまりにも真面目にやってくるのでコンクールに向け後押しをしている。
私はメロメロだ。小3と年長。年長のMちゃん1時間を過ぎても集中力がとまらなかった。お姉ちゃんもその場ですぐ反応できるので私の要求がどんどんエスカレートする。ピティナステップの講評の先生の言葉に「聴く」という漢字は14のいろんな気持ちで14の心で聴くと書く(耳へんに確かにそう書く)。悲しい気持ちや明るい元気のある気持など・・・。
小さいときから訓練し調整などの変化に気づくことこそが感性を磨くことになるとお話されていた先生がいる。
次はちょっと反抗期な習い始めて5年たった6年T君。難しい曲に挑戦していて、ここから調整が変わっているよというとわかってると答えてくれた。
長くコツコツ続けることがやはり肝心なのだということかな。
!(^^)!
これからです。

Go to top of page