今日はドレミの日

1024年6月24日、イタリアの僧侶ギドー・ダレッツイオがドレミの音階を定めた。この日に開かれる「「洗礼者ヨハネの祭り」の日のために、ギドーが合唱隊に「聖ヨハネ讃歌」を指導し、その曲の各小節の最初の音がドレミの音階ができる元になった。
という情報をOさんが教えてくれました。

ところで1000年以上も前のこと録音もなくそれがドレミを後世にどのように伝えていったのでしょう。とりあえず宗教のなかから音階は生まれたことは事実です。グレゴリオ聖歌など。
それも不思議だけど五線紙や音符の記譜法などもだれがさだめたのでしょう。
今や世界共通の言葉です。

ダレッツイオってだれっ?つぃお!!

Go to top of page