今野先生セミナー3回目

今日は今野先生の「はじめてのギロック」講座最終の3回目だった。
身体を使ってのお話はとてもわかりやすい。ギロックの曲は小さい人向けながら音楽的で楽しくいろいろな勉強の内容が含まれている。先生は一家に一人欲しいと思えるぐらいその姿は可愛く愛くるしい。なので顔を使って演奏されるところがとても楽しい。眉毛を使ってアーフタクトなど・・・。怖い曲は眉をひそめて・・・。女優にならなければならないのだ。底に隠れている熱意が半端ではない。先生として生徒に模範演奏するときの表情はとっても重要。最近の生徒たちは人懐こく先生というか友達というか・・・。へーそこまでねというのもあるが上から目線ではついてくる生徒は少ないとうのが現実。
その面を利用してしっかりお近づきになって厳しくリアルに支持をしてゆく。
特に指のタッチに先生は力を入れていてスタッカートをいくつも取り入れて練習を重ね繰り返しての練習や、部分練習など、まして片手の練習などなかんかしない最近の子にその場でまねをさせしっかりと指を作り習得させる。そして耳を作るのだ。
具体的な説明や小物やグッズを使ったりあの手この手である。
どのように弾いたら人に伝わるかを教え、実現した時に結果楽しくなるように持っていく。これも心理学的な要素が隠れている。マインドコントロール。
先生のパワーが乗り移り私の今日の生徒は大変だっただろう。でも私ももっと良い指導ができるべく勉強してゆきたい。
生徒が変わっていく姿を見ながら私も成長してゆきたい。!(^^)!

Go to top of page