レッスンの効用パート2

風邪を引いて学校を休んだと言いながら1年生のRちゃんがレッスンにやってきた。体は小さく手も小さいがママがとても熱心でいつもきちんと練習してくる。
4月も終わりに近づき新学年の重いランドセルに疲れも出るころだった。
来週が連休でおやすみなので今日は無理してきたという。
30分ぐらいで・・・・というママに私は気を使いながらも全然疲れている様子はなくおうちでゆっくり休んできたのか楽しくレッスンが進んでいった。
彼女の良いところは私のアドヴァイスに即座に答えて音が変わることだった。
素直な性格が一番だ。私は水曜日いつも楽しみにしている。
帰るころにこにこと新たなる宿題を嬉しそうに持って帰った。
子供の可愛さに毎日癒される。
ピアノを学ぼうと努力する姿にどこまでも応援したい気がする。
小さな手ながらディアパソンが少し響くようになったのだ。1年生はチャンス!!他にも火曜日のAちゃんの手の形がしっかりしてきて素直に練習を頑張るとどれだけ効果が出るかを実感する。
とにかく長く続けてほしい。
昨日は今岡先生のジュニアとフレッシュコンサート(新響楽器)の課題曲説明会に行ってきた。
ブルグミュラーの曲のゴンドラの唄にナイチンゲールの声が入ってるのよ・・恋人たちの幸せな姿を見て歌っているナイチンゲール・・・それは鳥。
トリルのところや右手の16分音符のところ・・・。
なんてロマンチックなんだろう。
素敵な女性に成長できるようにコンクールで賞をとるだけではなく心より音楽を深く愛せる女性に育てたい。
家の前の桜並木の枝が一本だけ今でしょとばかり咲き誇っている。遅咲きの桜・・・。ミステリーだ。

Go to top of page