「だいすきっていいたくて」

7月9日は絵本にギロックの曲を挿入して音楽や絵本の良さをもっと知ってもらおうと0歳から大人まで参加できるピクニック気分でコンサート。場所は甲東ホール。11時から。
その練習をしている中で選んだ曲が可愛くて美しくて楽しくて、弾いている方がうっとりするぐらいである。ハムスターのラロがパパとママやいろいろな人たちに自分の大切な想いを伝えようと奮闘するお話。
ギロックもきっと喜んでくれると思う。こんな幸せなお話に曲を8曲も挿入するのだから。
小さな子から大人まで楽しめるお話で音楽をつけると夢が広がり楽しみも倍増する。6月4日は神原公民館で「パパお月さまとって!」そのほか歌や手遊び、恋ダンス。楽しめるものばかり。是非そちらも来てくださいね。

阪神連勝だけど

スポーツニュースの他のチームの試合の様子を見て迫力満点のパリーグの選手たちに驚く。外人選手の活躍が目立つ。
交流戦立ち上がりロッテにあたってラッキーだったかもしれない。
能見が安定していた。もう少しで完封だったのに惜しい。
まだ2位だがこれからこの時期の闘いが重要なキーポイントになる。
そろそろ阪神も目覚める時が来た。
明日から6月。

不死鳥

今日の夕刊に勇敢な写真が・・・。
その正体は阪神の鳥谷の黒のフェースガードを付けた写真。バットマンか・・。と思わせるような代物だがとっさにピッタリ彼に合うものがきちんと用意されていて出るところがすごいし、また鳥谷も相手をなじることもなくさっそうと普段と同じように出ていることはだれもが驚いたことだろう。記録がカウントされているというのは人を不死鳥に変えるのだろうか。鳥谷はそれだけではない真のリーダーとしての風格がある。人気の秘密はそこにあった。

今日の阪神は違った。15点も取れるチームなんだと思うと28日の梅雨入りと書かれた打線は何だったのだろう。相手のピッチャーによるだけなのだろうか。
これは今日も負けるのかと思っていたら流れが阪神に傾く。
結果藤川も1000奪三振の記録を作った。
福留も出場。全員素晴らしかった。鳥谷も絶好調。
ロッテはマリンズの新しいマスコットさかなくんが出てきてちょっと勢い失墜!!かわいくなーいい!
トラッキーの俊介ヒーローインタビューの時の可愛かったこと。
相手球場をおおいつくすこちらの黄色の応援はすごくてセリーグの球場でしかみられない虎ファンの応援はロッテファンも驚いたかな。
パリーグの試合をめったに見ないこちらもロッテの綺麗に響く応援の声に聴き入ってしまった。応援も東京弁と大阪弁になっているような気がする。
さあ交流戦を楽しもう!!余裕のない年とは大いに違う。

Go to top of page