2018.01.14 Sunday

ピアノ発表会

数々のコンクールに出ているため発表会は2年に1度ベガホールで行っているN先生の発表会を聴きにいった。
4年生から習って1年ぐらいしかたっていない男の子がいた。骨折というハプニングの中パッヘルベルのカノンを弾いていたが音がきれいだった。ベガホールのピアノは響かせるのには力がいる。
2部からようやく響きが出てきて年齢の割にレベルの高い曲を弾いている生徒たちは普段のコンクールで培われた力だろう。
1部最後の大学生のメンデルスゾーン「狩人の歌」は私が発表会で弾いたことがある曲でああいう風に弾いていれば伝わるのだとわかったり、2部ソロ最後の高校生のショパンのバラードがとてもすばらしかった。
男の子が弾くと迫力がありピアノを弾く姿にはりりしさがある。
女の子はお姫様のようで本当にかわいい。高校受験の真っ只中なのにこの時期に出演していたりする中3生が4人もいることはすごいことである。
年末年始を挟んで仕上がり具合にばらつきがあったが、ほとんど知っている曲ばかりで聴衆が並ぶ理由がわかる。
自分の発表会で弾かせたい数曲の曲をメモっておこう。2年前の評価でCDのようだと揶揄した私はいない。聴きやすかった。何がよしとされるのだろう。ピアノの曲のレベルではなく一生懸命向き合う姿だろうか。
クラシック音楽館で今はアレクセイ・ヴォロディンのプロコフィエフ作曲「ロミオとジュリエット」を聴いている。ピアノという楽器を再認識できるかっこいい曲。

| keiko | - | 22:43 | - | - |

2018.01.14 Sunday

ピアノTEPPEN

芸能人ピアノ対決番組を金曜日の男子二人のレッスンが終わったので見ていた。
男の子のピアノレッスンはどうしても力がはいってしまう。
過呼吸気味・・・。
ずいぶんメンバーが一新されていた。楽しそうにピアノを弾いている出演者の周りには目を潤ませた芸能人たちがいた。
2本の腕で素手で人を感動に導くピアノ。長く続けて努力次第ではあのような演奏ができるのだ。クラシックではなくすべてポップスの名曲だ。
小さいころから習い指が鍛えられているのがわかる。
孤独な長時間の練習に耐え、音作りに邁進し人に伝えることを一心不乱に勉強する。ピアノは楽器として打楽器のリズムを与える役割とメロディを歌う役割そして和声を司る役割があり、そのすべてを意識して奏でなければならない。
精神の強さも必要だ。
でもこれをマスターすると自分の大きな人生のメリーゴーランドとなって私たちを癒してくれる。
対決などしなくても良い。自分の中で話し合ってねと生徒には言う。自分の10本の指がそれぞれバランスの良い音を出してゆくことに心を配れたら・・・。
山口メロンてだれ?不思議系アイドルらしいが・・。確かにうまかった。

| keiko | - | 00:03 | comments(0) | - |

| top |

Page Top

Calender

<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Recent Comment

Archives

QR Code