PIASOBIコンサート

あたたかな日だった。伊丹ホールは今は東リホールとなっている。
池田奈生子さんが絵画からイメージして作った曲を演奏するのにプロジェクターにその画像を映し出しながら、進めていった。
作品の画家の人生なども織り交ぜながら・・・。
とても好評だった。
24色のカラーをイメージする写真の画像も連弾作品を聴くイメージつくりのヒントとなりさらに楽しめるものとしていった。
クラシック音楽のコンサートは全く一人の作曲家だけでではなくいろいろな作曲家の作品を取り上げるのが普通だが、私達は池田作品のみで広がる内容を探求している。
池田作品の持っている魅力を求めてその気持ちがお客さんに響けば素晴らしいと思うのだ。
そのことに私が参加して約丸10年になる。
シンプルな中にしっかりと美しさを秘めているそれぞれの曲たちの良さを春の来るこの時期毎年伝えさせてもらって幸せ・・・。
私がピアニカの仲間にチラシを渡していて二人の友人が来てくれた。
とにかく感謝!皆様に感謝。池田奈生子さんに感謝!これからも素敵な曲をお願いします!!

Go to top of page