日本対セネガル

第2戦はセネガルだった。
ほとんどのメンバーが海外でプレーしているという最強とうたわれた相手だ。
身長も高くフィジカル面では追いつけない。
足の速さはアフリカ仕込み。日本はどう戦うのかと思っていた。
1点をキーパーのミスで入れられたが腐らずすぐに点を取り返した。

再びゴールを許しまたまた追いかけて1点をもぎ取る。
結果はドロー。素晴らしかった。
ボール保持率は日本が上回った。走行距離も日本が少し上回る。
日本のチームはそれぞれの仕事をし後半の交代選手の本田や岡崎を生かした。
柴崎や乾は次の試合もキーマンである。
相手が強いからというより自分たちのサッカーをする上で決定的な瞬間をものにするというわけである。
日本のサッカーが進歩し未来へ明るい幕開けがなされている姿を見ると本当にうれしい。是非決勝Tを勝ち取って!!
一舜のすきを突くサッカー。攻守が目まぐるしく入れ替わるサッカーがとてもおもしろい!!

Go to top of page