インカ・マヤ・アステカ展

18日神戸市立博物館で行われているインカ・マヤ・アステカ展に行った。今日世界遺産がブームで中でも人気ランキング堂々1位の空中都市マチュピチュが含まれるインカ・マヤ・アステカ展には興味があった。いろいろな不思議や謎・悠久のロマンが隠された場所。
密林の中にあれだけの王国をなぜ築くことが出来たのだろう。マチュピチュのような高いところにも・・・。生きるために大自然から多くを学び取り生活の知恵としていった。すばらしい文明を築き、宗教なども統率するためには必要で神に祈りそして生贄を捧げるため戦争をした。

ところで私達はいったい未来に何を遺産として残せるか。
地球が未来永劫生き残るためには今私達はどうすればいいのだろう。
文明は進歩したが結局古代人と同じ戦争をして殺しあっているのだから事実上はなんの進歩もないと言うことだ・・・。
そして日本では家族同士でさえも刃物を向けてしまってるなんと情けないことだろう。人の命を大切に出来ない人類・・・このまま滅亡の一途をたどっていくのだろうか。多くの遺跡が教えてくれるものそれは人類がこれ以上殺しあわずこの大きな地球という星を守っていけメッセージのような気がする。ナスカの地上絵は一度実際に見てみたい絵のひとつである。

イケメンのパパが2人の幼い子供達を連れて展示物を一生懸命見ていた姿を思い出す。1年生ぐらいの女の子と2歳ぐらいの男の子はほとんどだっこしながら。まだ理解できないのは当然・・・。だがパパは一生懸命説明してこの子達は幸せだと思った。
「早くわかるようになってくれー」と小さな声でさけびながら。
30歳後半・・子供好きのパパはきっとこれからもこの子たちの成長をずっと見守りながら素敵な人生を送ることだろう。子供達は動物園のほうがよかったかもしれにけど・・。(そんなの関係ねぇ〜楽しい

Comments

Google Earthで、【ナスカの地上絵】を探してみました。
実際に行くことはできないですが、結構いろんなところをみることができますよ。はちどりや渦なんかよくわかります。
 空中都市【マチュピチュ】も角度を変えてみるとすごい山の上なので驚いていいます。
 未来に、この水の星を残せるようにみんなで努力しましょ!

  • osAmu
  • 2007/11/21 9:58 PM

そうなんです。かなりの高い場所にあります。
のぼるだけでもすごいのに石の神殿をあの時代どうやって建てたのでしょうね。
翼でも持っていたかのようですね。

  • keiko
  • 2007/11/21 11:05 PM

Post a Comment








Go to top of page