ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 玉木宏 | main | のだめカンタービレ >>

小道具

雨外はひどく冷たい雨が降りしきっている!!でも久しぶりの春の雨が心に静けさをもたらしてくれる。
なぜって?この数日間の光のシャワーにうんざりだったから・・・。
急激な温度変化に生徒達もコンクール前に体調を崩さなければ良いと願うばかり・・・。あと一週間。
今レッスンに様ざまな小道具を用いている。まずはゴム製の百均で買ったボールは必ず使わせている。バウンドさせて連続で何回失敗なくキャッチできるか数えてみる。
連続で自分の投げたボールを即また自分で受け取るというのはコントロールが必要でとっさの準備のいることであり運動神経と集中力が必要だ。
新体操のように軽いボールなら手の甲でバウンドさせる。サッカーのリフティングのようにも見えるけどこちらはハンドです。手を水平に保たなければならないのでよいと方法と思う。
また難しいパッセージほど無駄な動きを避けたいので手の甲に消しゴムを乗せる。たまに腕にものせる。平衡感覚を養うのである。
頭にグラスタースプレーのふたをのっけて弾かせたこともある。
体の軸がぶれないように。

今日はカスタネットが活躍した。とても良いものをみーつけたって感じ。
中央のへこんでいる場所に指の一本一本をピアノの指の形でタッチさせる。
するとカチカチと歯切れの良い音がして気持ちがイイ。
口が開いて弾力があるところが鍵盤状態と同じである。それにすばやく圧力をかけて(弾力)いくのだが上と下のかみ合わせる空間に音ができるのだと説明する。たたき切らなければ一瞬の間にうまくチカラを集めることができないということ。
音はその瞬時に空気を伝って振動するのだから。
そういえばその昔カスタネットでピアノレッスンをしている先生の講座を聴きに行ったことがある。なるほど今気がついた。カスタネットの有益性。

今日は波乗り船をボール遊びをしカスタネットをたたかせているうちとても軽い音楽にすることができたと思う。
ピアノにかじりついているだけでは格闘するだけである。ピアノと体と脳が一体化するためのレッスンを何か方法はないかと毎日試行錯誤している。
今度は縄跳びを持ってきてもらう予定で、そのうち道具を使ったラジオ体操ならぬピアノのおけいこ準備体操を考案しようと思っている今日この頃。。

それはそうと明日で長男が就職してちょうど1年!!あっという間だった。なんとかがんばっているようだ。子供を持たなければ苦労する種も少ないがそのぶん人生の作戦を練らせてもらっているし結果ではなくその過程を楽しめばよい。そしてまたそのロスタイムにも少しは期待できるかもしれない・・・。ジョギングまだまだ時間がかかりそう。しょんぼり
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード