ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< どうしたん?阪神タイガース!! | main | 芝桜 >>

ソナチネコンサート

今日は新響楽器でソナチネコンサートの説明会がありました。
木田しずか先生の音があまりにも美しくて心が洗われるようでピアノの真髄はここにありき!!という感じがしました。ラブ

子供のころあまりソナチネは好きではありませんでした。
細かい音ばかりで弾きにくく音のレパートリーが少なく退屈な感じがしたのです。早く弾かなければいけないという意識もありましたし・・・。忙しい感じでした。弾くだけで精いっぱい。
ところが生徒が最近頑張ってコンクールに出るようになりバロックや古典派の時代の音楽の美しさにはまってしまいました。基本だなあという感じがします。この時代はさぞその国は自然が豊かだったのだろう・・・人の心もおだやかで気高かったのだろうと思うようになりました。

大気汚染・心の余裕のなさ・物はあふれ人々は何か大切なことを忘れかけていると思います。何かに気づかなければ・・・そう思う今日この頃音楽を教える身として襟を正す日々です。

ポイントとして・・・Pは指先のタッチで音色を変える。
細かい音符休符の長さを正格に。
解決することを意識しながらアナリーゼし和声の流れをつくり感情のゆれを含みながら対比するところはしっかりとする。ペダルも適宜使うと良い。


小さいけれどある意味芸術作品だと思います。古典の時代の作曲家からのメッセージを300年を経て再現する作業なのです。そう簡単なことではないですよね。絵筆や筆ではなく素手で自分の心を通して表現するのですから大変なことです。
音楽は調性が24調あるので12色の倍の24色心と言う絵の具が必要なんです・・・。そんなの無理!!でも・・・
想いが音色で表現できそれが人に伝わった時どんなに感動するでしょうね。
演奏とはそんな楽しい作業なのです。
どうか今年もがんばってくださいね。楽しい


書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード