音楽の森

寺島尚彦さんの黒い森と白い森の「秋」編を地球コンサートで演奏する時、朗読を聴きながら画像を見ていただきます。
ピアノ連弾で森をどこまで表現できるでしょうか?
風変わりな演奏会になりますが皆さんの心にちょっとでも秋のすばらしさをお届けできたらなあと思います。10月11日(土曜日)2時半ごろ西宮北口新響楽器オーパスホールで始まりますので見に来てくださいね。
昨日からその台本作りをしていました。読んでくださる方にも映像からまたリアルな表現が出来ると思います。
朗読台本に画像を入れて作ってみたのです。エッセイもすばらしいのでそれにあわせて写します。いろいろな珍しい花達が彩ります。その中にマツムシ草がありその写真は私が1枚メンバーの下さった苗をお庭で育て綺麗に写真に撮ったものです。曲は風車のようなピアノ曲でとっても可愛い優しい曲です。
始まりの音楽が1枚の冬のセーターを脱ぎ捨て冬から夏の鮮烈な緑に変わる時、画像はまばゆい夏の森へと変わります。

3人の演奏メンバーはようやくスクラムを組み秋を満喫する余裕が出てきました。最初はテンポが不安定で速過ぎて若葉マークでしたが今週はばっちり大人の色に染まってきました。1部の初めに「14ひきのさむいふゆ」もしますのでそちらのほうもお楽しみください。
他にもたくさん楽しいメニュー・・・じゃなかったプログラム満載です。拍手

Comments

Post a Comment








Go to top of page