芸術都市パリの100年展

ハローインテンプレートがあまりにも暗かったので・・・変えました。
さて今日は毎日新聞からもらったチケットがあったので京都市美術館まで久々に出かけていきました。
ルノワール・セザンヌ・ユトリロの生きた街。1830〜1930年
エッフェル塔の名は鉄塔技師のエッフェルさんの名前から来ていること。
それからフランスの画家にペレ(前に飼っていた犬の名前)やカルリュス・デュラン(現在の犬の名前)という人がいることがわかりました。この人の絵が女性の肖像がですがとても美しいのです。
人に聞かれたらうちの犬は画家の名前からとりました。ということにします。うちのはおフランス犬ですーー!!(ほんまはぐう然でちゃうけどね)

ユトリロはアルコール中毒から立ち直るために絵画を描いたとか・・・。
うす暗い絵の中に浮かび上がる特殊な白の使い方は独特。
作家の名前は忘れましたがセーヌ川と橋を描いた風景画も多くそのなかでも点描画で表現された光の中の絵は心を明るくしてくれるものでした。

結構義母にとっては体力の要ることでしたがこの美術展には行きたかったらしく暑いぐらいの気温で遠方への行程によく付いてきてくれたと思います。
足が痛くて眠れないなんてことのないようにね・・・。
明るい母の笑顔が私にとってもこの上ないやすらぎです。
帰りに高島屋地下によって満月さんのあじゃり餅買って帰りました。
安くて素朴なおいしいお菓子でいつも並んでいるそうです。
お勧めです。前にも紹介しましたけれど・・・。グッド

Comments

Post a Comment








Go to top of page