ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 愛のままに・・・♪ | main | お疲れ日和 >>

男の子のピアノ

先日河合楽器の中村獅童似の長身の山添君という23歳の新しいスタッフの訪問がありました。話しているうちにある先生の発表会で弾き語りで出演するということを知り今日はそれを聴きに行ってきました。
なんとなく音楽をピアノレッスンを大きくなるまで受けていたんじゃないか?そういう雰囲気を彼は持ち合わせていたので尋ねてみたらやはりピアノをツェルニー50番までやったというのす。

うちは男の子が多いので男子中学生を二人誘いました。
よその発表会に行くととても参考になります。

彼は森山直太郎の「さくら」を弾き語りしましたが歌より伴奏がとても素敵でピアノでこれからも色々な場所で趣味として弾いてゆけばいいのにと思うほでどでした。コメントには自分が楽しんで弾いている姿を見て皆さんにもがんばってほしいとありました。
ピアノが好きで野球との両立が大変だったようですが、頑張って続けていれば大人になって忙しさの中に少しの趣味の時間を持つことが出来るしピアノは一人でも出来る。
そして一生それを続けて人生を楽しむことが出来ると思います。
心の栄養に必ずなるし、自分を表現することが生きていくことだと思うから。
伊丹のアイフォニックホールは重厚な響きがすばらしく是非今度はバッハなども聴かせて欲しいです。ベートーベンなどもいいですね。

受験期にやめずに頑張り合格したと言うお子さんがたくさんこの時期にちゃんと演奏していらっしゃってそれがとても楽しそうだからすばらしい。
オルガンのためのプレリュドとフーガイ短調(バッハ=リスト)
を弾かれた方は演奏会に出られるためのご出演で感動しました。ありがとうございました。
また明日から勉強の毎日です。拍手

書いた人 keiko | comments(1) | - |




コメント

クラシック音楽には垣根も何もないけれど最初はおうちにある交響曲とかなんでもいいです。聴いて見て下さい。
オーケストラの楽しさは弦の響きです。
倍音というものが発生してさらに心の中に流れ込んできます。それを包み込む管楽器やリズムを叩く打楽器・・・。
最終的には生で指揮者の動きを見てください。
そこで何か手ごたえがあればもうあなたはクラシック初心者ではありません。
keiko | 2009/04/12 8:43 AM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード