ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 宝塚ちいき情報メディアログです。 | main | 最近携帯を変えました >>

再びありがとうございました。(^_^.)

宝塚文化創造館はこじんまりとしていて200名ぐらいの人数が入ります。
少し靴音などが響きすぎるくらいよく響きピアノの音もなかなか良い音でした。ギロックの曲はそのもので聴いてもよいのですが、それ以外の分野ともとても相性のいい音楽なのです。色々な情景の場面に遭遇した時にはまる曲がすぐにみつかります。花、水辺、山のなか、風、空、月、星、公園、そしていろいろな国の曲がでてきます。
胸にしみるような穏やかな曲が多く幸せな気分になります。
絵の勉強をされたギロックならではのものです。
大人の音楽付き絵本をホールに集まりみんなで聴いた不思議な空間はゆったりとした気分にになりきっと心の休日になったことと思いますがいかがでしたか・・。

朗読もいまや猛勉強の末とても上達されたように思います。
命を紡いでゆきたい・・。出演者のみならずいろいろな方々とまたお会いしてそのような時間を少しでも多く過ごしていきたいと思っています。
書いた人 keiko | comments(3) | - |




コメント

登場、遅くなりましだ。音楽、ピアノ供よかったですよ。ただ、せっちゃんは「ピーターと狼」の方が心に残っています。今回は観客が大人であり、僕自身気持ちが朗読、演奏、スクリーンに飛んでしまって・・・・。ベロンさんについては説明みさせていただきましたが、松井さんの朗読の方が好きかな。
それと、ミルフィーュのメンバーの服装が気になったです。恵ちゃん目立ちすぎ!それか逆に他のメンバー地味すぎ!恵ちゃんをもっと見たかったです・・・
せっちゃん | 2009/05/10 7:15 AM

公演の場所となった改修された宝塚文化創造館、階段の床の足跡、入口の両側にある2つの階段(先生用と、生徒用だって)そして室内の6つの丸窓、3階のバレイ教室の床、鏡、バトンバー、日舞教室の床はそのままほ保存してるんだって・・・でも傷はあれどもピカピカでした。(いかに、訓練、指導が厳しかったかを物語ってるね)こちらの方に力がいり申し訳ない。
余談ですが 3階のバレイの部屋で人のいない時、バレリーナになった気分で生徒の使ったバーに足を伸ばしたが上がらず!生徒足長すぎですわ!
せっちゃん | 2009/05/10 7:31 AM

せっちゃん
宝塚文化創造館のレポートありがとうございます。
そしてコンサートの貴重なご意見ありがとうございます。
衣装の件、気をつけますね。
ピーターと狼はプロコフィエフが物語に合わせ作曲したものでありルピナスさんはギロックをこちらが勝手に選曲しいれたのでそぐわない点も多々あります。
するどい意見です。
本当にありがとう!懲りずにまたお願いします。







keiko | 2009/05/12 12:29 AM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード