ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< ツイメルマンピアノリサイタル | main | 気功 >>

新たなる出会い

今日発表会の打ち上げを「山幸」でしその後またまた可愛い1年生のお嬢さんが門を叩いてくれるというので楽しみに待ちました。
しかも生のピアノを持っていると言うのです。
初めオルガンピアノの本の「こいぬ」を弾いてくれましたが一生懸命で元気がよすぎて打楽器のように聴こえました。
緊張で肩にも力が入りすぎて私の話にお答えもあまり出来ない状態でした。

まずメロディをいっしょに階名と歌詞で歌ってみました。リズムを手で叩いてみました。
そしてかわいい子犬を抱っこしてる時のやさしい気持ちになって弾いてみてといいました。
一度も力を抜いてとか言わないのにどうしたことでしょう。次はすばらしい音色で綺麗な音で弾いてくれたのです。
歌ったりしてその曲のイメージを抱かせ、絵などを見てそのことによってこれほど音楽が変わるとは・・・。
子供は本当に素晴らしいと思いました。
おかあさんもびっくりされていました。1度でこんなに音が変わるなんて・・。と。
縁があり続けてこちらに来られることになりましたが、感謝です。いろんなことをまたいっぱい教えてあげようと思います。こんなに音楽ってステキなものなのよと。ときめき
書いた人 keiko | comments(2) | - |




コメント

ビバルディの四季は一押しです。
そのなかでも私は冬が好きで以前発表会で親子クラシック連弾コーナーを設けました。そのときに「四季」を順々に弾いてもらいました。
とてもよかったことが印象に残っています。

今日生徒さん親御さんから先生方の音楽や音楽指導に対しての熱意が面割りとても感動しましたという今回の発表会感想メールを頂きました。
そのような声が多かったですが、その言葉に負けぬようまた次もがんばりたいと思います。
keiko | 2009/05/12 10:38 PM

あらジャケットに書いていませんか?
春からだと思います
春夏秋冬じゃないですか?
keiko | 2009/05/13 10:21 PM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード