ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< ショック(>_<) | main | 祇園精舎の・・ >>

浄化しました!

是非共に皆さんにお勧めするのは音楽による気持ちの浄化です。
かわいい生徒たちのレッスンのあと夕方から大和ハウスにお勤めの友人から大阪シンフォニカー交響楽団の定期演奏会のコンサートのチケットを事前に入手していただいていたのでいざシンフォニーホールへ・・・。(大和ハウスグループは音楽シーンを夢を紡ぐ人と題して応援しています、すばらしい拍手
今日は朝から母に合わせた都合で温泉(昼ブロを決行)したおかげで肌はつやつやなれど、気分は最悪、体はお湯でちょいお疲れときてました。
またそこにぜんぜん知らない音楽です。
ただどうしても2曲目のモーツアルトのフルート協奏曲は生で聴きたかったので時間を作って行ったわけですが・・・。
弦楽を中心としたプログラム構成で席はシンフォニーホールの左翼席・・。
初めてあの場所で聴きました。童顔で優しい目の大友直人さんは相変わらず真摯で紳士。その繊細な指揮の指の動きはとてもよく見えました。
「大英帝国の香り」と称すプログラムの3曲目のエルガー作曲の交響曲第2番・・は彼が奥様に捧げた「愛の挨拶」とは打って変わって力強く難解な長い曲です。
でも不思議な音楽の深い海に連れて行ってもらえたような・・その海に浮かぶバイオリンの形をした一艘の小船に乗っている私。奥深く沈められた時もあったり。
(時々本当に舟をこいでしまう・・)でも各楽器の美しい旋律の倍音の響きが優しく語り続けてくれ無事どこかの岸にたどりついたんです。
気が付いたら遺憾の念はほぐされどこかに行ってしまいました。
人を傷つけることでしか発散できない人間は本当に哀れというしかありません。しょんぼり
さて今日は記念すべき日本にとって新しい政治の始まる日でもありますね。
鳩山さんを応援したい気持ちでいっぱいです。グッド
書いた人 keiko | comments(2) | - |




コメント

公演批評が掲載されています。
http://www.sym.jp/critic/fukumoto/09/090916.html
osAmu | 2009/09/19 11:28 PM

アトさんポッポッポーって何のことかわかりました 
鳩山さん 名前まで平和の象徴なのね。

おさむさん
福本健先生の授業は音大で何度か受けたことがあります。
あんまりよい印象ではなかったけれど読んでわかるような気がしました。音楽批評というのは難しい分野です。
keiko | 2009/09/20 12:27 AM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード