ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 初マネキン | main | 生命の神秘 >>

桃源郷

時間が川の流れのように・・・ではなく滝のように過ぎてゆきます。
この調子で行くとあっと言う間におばあちゃん。(>_<)
でも寿命は確かにおかげさまで伸びました。
そんなな14日の水曜日はミルフィーユが協力して清荒神の教会の恵みのキリスト教会「美しの里」のコンサートをする日でした。
内容は疲れた旅人が一人とぼとぼと歩いていると何かに導かれて桃源郷にたどりつき元気を取り戻すというお話です。
人間は本来 「美」と「やすらぎ」を求めて人生を歩いているのではないでしょうか。そして苦悩があるからこそそれを求め到達した喜びはひとしおと感じることが出来るのですね。
「桃源郷のふるさと」はそれぞれの心のなかにあるということです。
何がなんだかわからず心いためることが多くありすぎてまた悲しんでいるひまさえないこの世だと思います。
でも私は今本当に生きていて良かったなと・・・・。
いろいろな人に支えられてる自分がそのことに答えられるようまた少し一歩成長しなければならないなと思うのです。
宇宙で一番大切なもの・・それは命。赤ちゃん
そして人への思いやりです。
神様 桃源郷にご招待してくださって心から感謝します。

コーラスの指揮をぶっつけ本番でさせていただきました。
あとから歌いやすかったとお褒め頂きました。
指揮で思い出したことがあるのです。
息子が中2の時の合唱コンクールの舞台でPTAの指揮をしたときのことです。
「翼をください」を全員で歌ったときのこと。
会場に向けて手拍子をお願いし楽しく歌ってといただこうとくるりと一回転。
ちょっと2拍子ダンスチックになりました。
盛り上がったもののそれは息子にとっては母親のそんな姿は最悪だったようした。
家に帰りそれから随分と口をきいくれなかったこと。
その映像がまたビデオで給食時に流れたのだそうです。牛乳ののみかけをのどにつまらせその日は何も口にできなかったと言っていました。
ちょっと気の毒だったかな。
その学校は中学のコーラス部の合唱コンクールのレベルの高さで有名です。
でももう時効ですね。もう何年も前の話。
あほなおかんをこれからもよろしく!

息子は彼女のお母さんのことをおかんよりは賢そうな方と義母に賞賛していたとか。私をレベル基準にしてくれるん?ありがと。
お電話で話した感じでは同じ路線のような。。
優しそうな方でしたヨン!グッド
書いた人 keiko | comments(1) | - |




コメント

頭は弱いけど生きる気力は強い!!ということで・・・。
keiko | 2009/10/18 11:14 PM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード