ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 母子手帳 | main | ウィンディ(ウン子?) >>

木枯らし紋次郎

二人で話を詰めなければならないことがあるのに部屋でなんちゃらゲームをして遊んでいるらしいとの義母からの情報が・・・。
ままごとにはつきあっちゃらいれないので1日は雨の中母の施設にホテルで皆で撮った写真を見せに行きました。大きなテレビなのでそれに映し出すことが出来、船の写真などは迫力満点です。母はおだやかな表情で家族写真の写るテレビを見つめ船の写真などはとても褒めてくれました。
海と空の美しさにも気づいているようでした。

さて次の日の2日は検査の日から腕時計を預かったまま渡し忘れていたのでまた訪れました。
テレビが木枯らしが来ると何度も報道していたので母の冬物の衣類を夏物と交換して用意してあげなければと思ったからです。
6月に急に暑くなった日厚着のままクーラーをつけ風邪を引きこじらせてしまった苦い経験があります。もっと早く入れ替え作業をしてあげればよかったのです。
あの時は一日に1万円もする病院に10日も入院したというおまけもつきました。

朝11時から始め洋品店でもできそうなくらいベストやチョッキ・ズボン・カーディガンがありました。途中1時間コナミエステで休憩しまたもどりレッスンまでの4時半までかかりました。3時ごろ峠を越えた時はどんなにうれしかったことか・・・。母が音楽療法で部屋にいなかったことでよくはかどりラッキー。
この夏越えられるかしらというほど心配した母の衣類の整理は無事超えられたと言う証でもあります。衰えても女としておしゃれであって欲しいと願う娘の気持ちともっと生きて欲しいと思う祈りのような気持ちが合わさって今日を充実して過ごすことが出きました。
電話で説明した時「わからんようになるからさわらんといてくれたほうがよかったわ」の一言に愕然としましたが、それはもとからわかっていない母にとっての正直な言葉と思え「また行って説明するから」と娘の権限は衰えません。
まあこれからもまかせといてね。
夜から気温がうんと下がりやはり今日行ってよかったと思いました。
書いた人 keiko | comments(1) | - |




コメント

今こそ、本当の母と娘になったような気がしています。
私が小さい頃から思春期にかけて母の仕事が忙しくあまりじっくり関ってもらった記憶がなくさみしい想いをしていました。甘えん坊なんですけどやっと私の手中にある母との時間を大切にしたいだけなんです。

keiko | 2009/11/04 1:41 PM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード