ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< ピアノ力 | main | 紅葉 >>

個人レッスンの強み

男の子と女の子のレッスンの仕方をかえる意識したことはありませんが、ひとつ指摘するなら男の子はナイーブなので褒めるととてもやる気を出してくれることです。でもそれをただ誉めそやしていれば見破られます。ちょっと努力したことをこちらがキャッチして認めてやれば活き活きとやってきます。
同姓のことはよくわかるのでつい自分の気持ちで女の子には共に歩むように接していますが、とにかく一人ひとりの個性に本気で真剣勝負でぶち当たる気持ちが個人レッスンでは大事です。時にはガツンとやります。
楽譜どおりに支持されたことはできてもどう弾きたいか想像力が乏しくそのイメージを描くことができない。深く取り組めない子がいること・・など
そういう子にどう教えたらよいのかわからないという先生がいます。

でもそういう子がほとんどで私もまさに小さい頃そうでした。
なぜ今まで続いたのかわかりません。
音楽がすばらしいと押し付ける父に反発していましたので・・。
でも今は父に心から感謝しています。その想いを生徒のレッスンにどう反映させることが出来るか努力を怠ってはいけませんね・・。

その努力の一環として「くるみ割り人形」チャイコフスキー作曲のバレイ組曲(クリスマスの夜に起きる夢のようなファンタジー)をピアノとお話で12月12日(ギロックの先生仲間)12月20日はM先生の生徒さんとうちの生徒たちの演奏で上演します。
場所はプレラ6階講堂。他の曲も含め12日はリトミック付き(一人500円)20日は生徒のクリスマスお茶会(500円)で行います。
オーケストラを偏曲した素敵なピアノ連弾のミニコンサートです。
家族で楽しむコンサート・・聴きにいらっしゃいませんか?どちらも午後からです。日頃の生徒たちの練習の成果も聴いてください。楽しい
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード