ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 大山 | main | ほっとしました・・。 >>

95歳・奇跡のピアニスト


素敵な足の線の綺麗な外国の女性ピアニストが「題名のない音楽会」でモーツァルトのファンタジーを弾いておられました。彼女は95歳・・・・。
ファンタジーとは幻想と言う意味で人の現実の厳しい生活にはとても必要なことだとおっしゃっていました。
背筋がピンと伸びて説得力のある演奏は心にしみいり年をとる事は人間にとって当たりまえ。そしてどれだけすばらしいことかを感じさせます。ピアノ一音一音が私が生きてきた人生そのものよと語っているようでした。勇気付けられ明るい未来を感じさせます。
だから私はまだまだ半人前。毎日を大切にしなければと思わずにはいられません。

生徒たちは小さい頃にはわからなかった音楽の楽しさや美しさ、心の琴線に触れるような甘美な感動をピアノを習った以上は味わって欲しいので大人まで続けさせたいと思っています。
さらにその上に中高年層まで一生続けられたらどんなに豊かな人生が待っていることでしょう。
練習がつらい・しんどいは当たり前・だからこそ感動は生まれてくる。
今目標は私の後継者を作ることなのです。グッド
この写真は今日午後から芦屋の潮見集会所のクリスマスのベルの練習に行った折の道すがら思わず綺麗とため息をついて車の中から撮った写真です。
書いた人 keiko | comments(1) | - |




コメント

新しいお名前ですか?

| 2009/12/03 12:04 AM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード