市岡裕子さん

今日6日は夕方ゴスペルを聴きにいくことを麻美ちゃんママと約束していました。
12月に入り少し早いのですがいきなりクリスマスのイベント目白押しです。忙しいけれど楽しいことは重なってもぜんぜんOK!!
私は忙しく矢沢永吉のフルハイビジョンのコマーシャルのこま回しみたいにいつも毎日早送りしてるおばさんの感じがして回りに迷惑をかけているかと思うけれどごめんなさい、ゴスペルは以前友達の教会のコンサートに誘われてそのときチラシを頂いてきたので歌の好きな麻美ちゃんママとお約束していたのです。
ゲストの市岡裕子さんのお話のすばらしいところは荒波を乗り越えたことのつらさではなくそのとき神様にであえたことへの感謝の気持ちでした。
歌は明るく力強く元気をもらえました。故・岡八郎さんの長女だけあってユーモアや舞台度胸はさすがだなと思います。
最初に阪神キッズダンスチームの踊りがあり・一番小さな3歳ぐらいの子供たちの踊りを見ていると可愛くてついまだ見ぬ孫にあんなヒップホップダンスも習わせたい・・なんてつい思ってしまいます。
いたいけな「赤ちゃん」としてこの世に生まれ人間を救った救世主イエス様。
本当のクリスマスの祝い方はきらきらイルミネーションを飾ってケーキを食べることはなく歳末商戦のプレゼントをするでもなく感謝の祈りを捧げる日であることを忘れてはいけない。

音楽の原点は賛美歌ではないだろうかと思えるほど宗教と音楽は繋がっています。人の心を救う宗教。そこにはその手段として人の心を癒す音楽があります。ハーモニーは心を優しくそっとコーティングしてくれます。
ゴスペルはそれにリズムとステップが入り躍動感が楽しさを引き出してくれる。
たくさんの人が阪神クリスマスフェスティバルに集っていらっしゃいました。
今年はクリスマスを祝福する気持ちをじっくり味わいたいと思っています。プレゼント本当に欲張りな楽しい一日でした。

Comments

たくさんの書き込みありがとうございます。
今クリスマスの準備などでなかなかお返事が出来なくて・・・!
今日はこちらはあったかかったですよ。
今年も後少しですね。転勤のお疲れがでませんように。

  • keiko
  • 2009/12/09 12:22 AM

Post a Comment








Go to top of page