ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< そらべあ | main | ウィスパーエンジェル >>

アイネクライネナハトムジーク

モーツァルトはオーストリアのザルツブルクに生まれウィーンで亡くなってます。セレナード第13番「アイネクライネナハトムジーク」とも呼ばれるこの曲は1787年8月10日にウィーンで作曲されてます。 モーツァルト31歳の時の作品。
この曲がはじめて出版されたのは1827年ドイツのアントレ出版というところからでモーツァルトの死後36年後のことでさらにこの曲が有名になったのは19世紀終わりごろです。
「アイネクライネナハトムジーク」はドイツ語でアイネ(Eine)は女性形の不定冠詞でクライネ(kleine)は「小さな」の意味の形容詞kleinの女性形ナハト(Nacht)は「夜」ムジーク(Musik)は「音楽」という意味で「小さな夜の曲」という意味で日本では「小夜曲」と訳されます。
「アイネクライネナハトムジーク」というタイトルはモーツァルト自身がつけてます。

以上は検索したものですが・・・
この音楽を聴いたことがないという人も少ないでしょう。テレビのCMでよく流れていますね。
地球コンサートではこれをミルメンバーで6手連弾!
そして他のグループでミュージックベルでします。これはかなり難しかった。今日やっと完璧にできました。めっちゃ楽しい。
がんばります。楽しい
書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード