七夕

hanngesyou
明日は七夕。たいていこの時期は雨が多くひこぼしと織姫もお天気が悪くてなかなか出会えない。
シンプルで覚えやすい「七夕」の歌を歌いながら今年も折り返し地点がやってきましたね。皆さまはどんな半年でしたか?
今日は半分の節目?に久びさにコナミで汗をかきました。身体が喜んでいるのがわかります。心地よい疲れ。
この時期に咲く半夏生「ハンゲショウ」という花を知っていますか?半分白い草で(別名カタシログサ)だそうです。あまりきれいではないし目立たないけれど私はこんな時期にこのような植物が咲くのを初めて知ったので載せますね。実際には見たことがありません。

以下はウィドゥペキアからです。

名前の由来は、半夏生(太陽の黄経が100°になる日)の頃に花を咲かせることに由来する説と、葉の一部を残して白く変化する様子から「半化粧」とする説がある。

また、葉の片面(表面)だけが白くなることから古くはカタシログサ(片白草)とも呼ばれている。

なお、生薬の「半夏(はんげ)」はカラスビシャクから採れるものであり本種とは関係がないが、本種と開花時期が重なることから名前の由来にかかわりがあるとする説もある。
この時期はタコが美味しいらしいですね。

Comments

Post a Comment








Go to top of page