「阪急電車」

やっと見に行きました。
自分の普段使っている沿線の電車の駅が舞台でこんなに全国ロードショーにメジャーデビューする映画ができることに驚いていました。
あまりにも身近すぎて逆に見に行くのを戸惑うぐらいでした。
原作も読んでいないので・・・どうかと思いきや・・・。
物語が進むうちなんとおしゃれで素敵なお話ばかりかと思いました。
出演者がいい。特に中谷美紀。花嫁衣装のドレスが本当の花嫁より遥かに似合っていてあの背筋のピーンとした美しさはしなやかで女優の極みです。
どこにでもあるような男女の物語。ひきこもごもいろんな人生を抱えて生きているんですね。でもその中から何かに気がつき希望を捨てず次へ進もうとする姿・・そしてだれかにその想いを分けてあげようとするそこにこの映画のよさがある。
出会いや 人とのつながり・・・何が本当に大切なことかを教えてくれる・・・。
電車の中の大阪の下品なおばちゃんたちは悪役になりきってすごいことになってました。ちょっとあれはやりすぎ。全国のみなさんあんなおばちゃんたちは阪急電車には乗っていませんのであしからず・・・。
宮本信子が浮いてると批判されているレビューがありましたが彼女がいなければこの話の値打ちはありませんよね。わからんやっちゃ。
孫役の芦田愛菜ちゃんはとっても可愛いかったですよー。
阪急電車がこんな素敵なお話に恵まれてにこにこと走っている姿が毎日みられて幸せ。明日からほのぼのとした気持ちで乗車してみますね。電車

Comments

Post a Comment








Go to top of page