ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 「山河」 | main | 久々にハル >>

「ちょっとピアノ本気でピアノ」

台風一過!
午前中、明日の池田さんのコンサートの合同練習のため朝からピアノに向かい、午後美容室へ・・・。ところがいつも行くお目当てのところは混んでいてとてもレッスンの時間に間にあいそうもありません。誰しも台風の後には出かけたくなるもの。髪などさっぱりしたくなるのです。
あきらめて家に帰り2時間ぐらいじっくりAKKOさんに借りた辻井伸行君の先生の川上昌裕さんがブログに書かれていることをまとめた一冊の本を読みました。
題名は「ちょっとピアノ本気でピアノ」

引用・・芸術や精神世界に関することは一見人間がただ生きていくためにはそれほど必要なことではないように見えるかもしれない。
文化水準の低い国では心を育てる仕事に関心が向かない。

私は日本に生まれ文化水準は高いので頭と指の総動員をして心をこめて演奏しなければならないピアノを友達にできる今の子供たちはどれほど幸せなことかとおもいます。

引用・・小さな子供に必要なことは繊細な感性と確かな技術。そして「克己心」。ピアノを習うことのすばらしいところは継続しなければ得られない価値があること。そして向上に伴う喜びが大きい。
・・・・
音楽を将来仕事として成り立たせるには目的を持ち自分への課題意識を常にもちそのような環境を常に自分で作ること。少しづつ才能や努力を発揮する場は見えてきます。


最近教室では生徒たちが忙しく反抗期の年代の子などはやりにくく悩むときがありますが、そのことが原因でむやみに怒ってやめさせたくはありません。何事も並行して脳を刺激し少しでもピアノを長く続けさせたい。
こんな時こそこちらがおちついて自信を持ってピアノを教える姿勢を持つことが大切なことなのです。私は今日のレッスンでこの本からいろんな力をもらって役に立ちました。
川上先生ありがとうございました。( ^^) _旦~~

書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード