絃・弦・元気ッズコンサート

7月終わりにピアニカのワークショップで知り合った先輩の仲間のメンバーで9月2日にコンサートをするからと誘われていたので約束通り行ってみた。
大手前大学さくら夙川キャンパス「フォーラムホール」14時開演

弦楽器を主に使用するコンサートで今日は日本的なプログラムオンパレード。
バイオリンと箏で奏したり尺八もありの珍しいコンサートである。入場料500円で0歳時から参加できる。
聴くだけでなく楽器を実際に触って音を出すことができるという企画もあった。
私もバイオリンと箏に触らせてもらった。
バイオリンは貴婦人の音がする。めったにこんな機会はないので嬉しかった。
お箏は虫の声をすぐに演奏できたが曲によって柱という弦を支えているものを曲によって動かして奏するということを初めて知った。つまりピアノが結局すぐに音が出るという点では簡単だ。違った難しさがその場合は生じるのだが・・・。楽器を弾くということの楽しさと難しさを痛感する。
生涯学習音楽指導員研究会ネットワーク・兵庫のメンバーである先輩は素晴らしいことをしているんだと感心した。
実は私も一度この指導研究会に参加した記憶がある。やはり日本の歌にこだわっていらっしゃる指導者だったと思う。
目的の「地球をまもろうリレーコンサート」を宣伝させていただきチラシを渡すことができた。
気さくな先輩 I先生ありがとうございます。
その後セカンドブルームの練習に参加するため中津に向かう。
9月だというのに日差しは真夏だった。(^_-)-☆

Comments

夏の疲れも見せず元気なアトさん・・がんばって。

  • keiko
  • 2012/09/06 12:20 AM

Post a Comment








Go to top of page