ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 池田作品の魅力 | main | 親子レッスンのすすめ >>

隠れ家のような・・・

以前ウイーンの小さなお城での一室で夕方からのコンサートを聴きに参加した思い出がある。
もちろんクラシックだが夜のコンサートはまるで夢の中にいるような雰囲気にさせる。(時差ぼけの影響もあったかな?)演奏者も聴衆も一体感となり・・・。
昨晩のベルグは小さなカフェだが、吹き抜けの素敵なコンサート会場で30名ほどの小ぶりのコンサートには最適だ。天井の空間が広いというだけで心が解放される。ましてや池田作品は物語性があり、こちらが語ろうとすることを伝えてくれる。
ケーキタイムのある小一時間のプログラムの流れには木の香りがくつろぎの時間を与えてくれる。
少ない音数の中で言いたいことを伝えることのむずかしさ・・・。
ダンサブルな曲やブリリアントな曲ジャジーな曲。
クラシックの堅さから美しいポピュラーの世界へ旅しているのだが、実はその深さはクラシックの巨匠から受け継がれたものであるのだ。
ベルグのオーナーはクラシックに精通している方だが、にこにこと私達を見守って下さり次回もまたとおっしゃってくださった。
朝から急にお電話があり私の同窓会を通じてアコースティックなピアノを聴きたいと薔薇の大きな花束を抱えて来てくださったK氏はティンパニの奏者である。
いろいろな方と巡り合えるのが音楽のよさでもある。
音楽は最高のコミニュケーションツールだとどこかで聞いたことを思い出した。
美しい月夜の晩の最上の一夜であった。(^_-)-☆
来てくださった皆様に心より感謝という言葉しか出てこない!!


書いた人 keiko | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード