2012.11.17 Saturday

森 光子

森光子が92歳の生涯をとじたことが報じられていた。
私は母と母の部屋で一緒に「放浪記」をテレビで見たことがある。やはり晩年のもので感動した覚えがある。「時間ですよ」の森光子を好きではなかったが、その時の舞台女優としての森光子には感銘を受けた。人の生涯を演じるのだが、その伝えたいことがしっかりと伝わってきたのだ。
テレビでの活躍などのウイットに富んだ話術や気をてらうことのない人への気配りはやはり舞台の森光子が輝く要因となっている。
自分自身を表現し人と上手くかかわり合うことが人生の道を確固たるものにする手立てとなっていると思う。100回の練習より一回の本番!努力を怠らないことなどの提言は若き人たちへの大切な言葉として残している。
「放浪記」2000回の舞台達成の直前体調を崩したが復活!その壮絶な精神力はお客様のおかげでだけはなく自分のためなのだと言い切っていた。
このような一生懸命な生き方を少しでも学んでゆけたらと思いながら追悼番組を見ていた。

| keiko | - | 23:58 | comments(0) | - |

 

Comment

Post a Comment










Page Top

Calender

<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Recent Comment

Archives

QR Code