ミルフィールcafe

見るfeelブログ
見て感じるミルフィール
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< クリスマスコンサート2012 | main | 花になれ >>

外国人のどじまん大会

クリスマスのこの時期は毎年恒例の外国人のど自慢大会が行われテレビで放映される。スケートのエキシビジョンも同じ時間帯にあったのでチャンネルをコマーシャルで切り替えながらどちらも見ていた。
ポール・バラードが優勝。やはり思ったとおり。
ロンドンの貴公子。粉雪と山崎まさよしの歌。もうどちらもすばらしかった。
透き通るような声を振り絞って訴えかける歌の上手さは切なく胸に迫るものがある。
理屈ではなくだれもが心をわしづかみにされたようだ・・・。
音楽は伝えようとしなければならない。それはこびるものではなくとにかく真摯な気持ちをひたすら伝えようとすることなのだ。そこには感情がひたひたと押し寄せつややかな歌になり、人を惹き付ける何かが生まれる。
聴かされた中でそれを感じることができる人はとても幸せだしもし感じなければつまらない人生だ。

スケートの羽生結弦の演技にも似たような魅力を感じる。
ある意味色気というものだ。
技量がそれをじゃませずおおらかにしなやかにこれからも飛躍して行く姿が本当にたのしみだ。ラブ
書いた人 keiko | comments(1) | - |




コメント

ははーん面食いってそんな字書くんですね
知らなかった。
keiko | 2012/12/28 12:01 AM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード