真夏の夜の美輪明宏

紅白歌合戦でヨイトマケの歌に感動して以来美輪さんのファンになった。
黒柳徹子と出ていた番組で、二人に共通することは音楽の専門の学校を出ていることだ。同じ世代で苦労している。しかし今本当に輝いている。
美輪は若い人に言う。「音楽や美術そしてスポーツや文化をしっかり勉強しなさい」「そうすれば豊かな人生が必ずあなたを支えてくれる」
司会の有働さんは「そんなことを勉強して何かの役にな立つのだろうか・・・。と思う時代なんですが・・・。」とすかさずつっこんでいた。
一般的な疑問だと思う。
マーケットの98円のプリンが美味しいと思うか。モロゾフのプリンが美味しいと思うか・・・。それは値段だけの違いではない。
文化を勉強すると本質を見抜く力が備わると思うのだ。
人に伝えようとする演奏や演技になるためには基本的な勉強が必要である。
この暑さにも負けず今日から私の教室に学びにやってきた1年生の男の子が、地方の街の音楽教室で学びきれなかった基本的なことをこちらでどこまでやりきれるか・・・。お母さんの協力が必要だがとても良き理解者と思った。
丸2年半になるT君がどんどん自分から練習するようになりようやく軌道に乗ってきたことを先日お母さんと喜びあったばかりである。楽しいレッスンになってきた。
今回もこの出会いがお互いに一生の宝となることを祈りつつレッスンに励みたい。
女の子も素敵だが男の子のピアノがとても楽しみなことを私は知っている。ときめき

Comments

Post a Comment








Go to top of page