敬老の集い

歳を重ねると、色んなものに対する感じ方がだんだん変わってきたように思います。
花が咲いたり、実が成ったり。風のそよぎやお日様のぬくもり。人との出会い。そんな事にも感謝の心がめばえ、優しい気持ちになります。傍にいる人にも、常に優しくありたいと思っています。

昨日そんな言葉を携えて「敬老の集い」に参加した。
16日は朝から近畿地方はテレビやラジオで特別・・大雨とい何十年ぶりの大騒ぎ。
10時スタートの会にはおそらく台風も遠のいているという変な自信と予想の中現地に着いたらやはりすっかり晴れていたのは私達のグループのこれからを暗示しているようだった。約40名の園田地区のお年寄りが集まってくださり私達の音楽を聴いてくれた。敬老会デビューは思い出深いものになった。
音楽屋さんは聴いてもらって少しでも喜んでくださった方がいることを次への糧としている。練習した甲斐があるというものだし、経験が多くなればなるほど成長できるから。
そういえば明日は有名な絵本「ともだちや」を次回の0歳時コンサートに使うことになりその音楽を考えるG4の会がある。
敬老会


Comments

ご心配ありがとう
成し遂げた充実感ね・・・。というより聴いてくださるという優しさに包まれたことが次への活力かな。
手作りの品を売る雑貨屋さんでお客さんがお気に入りの品を見定めて笑顔で帰ってくれたら


私には音楽のペンダントやブローチしか作れないんだけれど・・。

  • keiko
  • 2013/09/19 12:33 AM

Post a Comment








Go to top of page