2014.02.17 Monday

母の存在

高橋大輔や町田樹の母への想いが記事になっていた。
家族が全力で彼らを応援している。生活面や費用のことそしてくじけそうになった時の支えはやはり家族だ。育ってきた環境がその子の考え方などを作っていく。当たり前のようだが、親子の愛情がどれだけ重要な要素を持っているか。
私は庭付きの家で育った。大きな八重桜の毛虫には辟易していたが子供の時には庭に鉄棒をしつらえてあったし庭でおままごとなどもした。
祖母が小さな畑をしていて苺の栽培などもしていたので贅沢にも家で祖母と苺積みをしていた。またもちつき大会などをしんせきがあつまってしていた。
結婚してからも家に庭があったので花作りに専念していたころがある。
土のにおいや手触りに魅了され毎日園芸に打ち込んでいたころがある。
今日突然息子から珍しく電話があり家を買うことにしたというのだ。
頼りないと思っていた長男が一人前になったと驚いた。
どうしても子供たちをマンションではなく一戸建ての家に住まわせたいという。ありがたいことに自分がそのように育てられたから・・。という。
我が家の家庭には複雑な事情があり彼らにはマイナスな環境が多くあったのではと思っていたのにその言葉にはっとした。結婚し子供ができてからの彼の成長ぶりは頼もしい。過去のマイナスの部分よりプラスの面をしっかりととらえてくれていたことに嬉しさがこみ上げてきた。
まずは私自身もしっかりと自立しなければならない。嬉しい

| keiko | - | 00:29 | comments(1) | - |

 

Comment

一人で何投も・・・に見えました。
私はピッチャー?何種もの投球に苦心惨憺するほどの腕前もなく・・・。
役ですね・・・。
役者?そうか女優ね  あこがれますう!
これからも続けなくちゃ。
keiko | 2014/02/17 8:45 AM

Post a Comment










Page Top

Calender

<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

Recent Comment

Archives

QR Code